本当に1日で終わる?日帰り包茎手術に関する基本情報を丁寧に解説

女性は毎月月経というものがやってきます。
女性は月経で不快感があるだけではなく、生理前症候群やイライラなどメンタルの不調、生理痛などに悩まされる人が多いです。
男性の方も、生殖器の悩みを抱えていることがあります。
それは具体的には包茎という症状なのです。
包茎はセックスや子作り、マスターベーションや排尿、性感染症などとも関連が深く、包茎である男性は人に言えずに悩んでいる人も少なくありません。
そこで包茎手術を検討し始める人も多いことでしょう。
ここでは包茎手術の基本的情報などを詳しくご紹介して行くことにします。

包茎とはそもそもどんな疾患なのか?

包茎という言葉を聞いたことがあっても、具体的にどんな状態なのか女性はおろか男性もしっかり理解していない人が多いです。
単にペニスの亀頭が包皮にくるまれただけの状態と理解している人も少なくないんです。
だがこの状態が、様々な問題を引き起こすことになります。
まず性的興奮をおぼえたり、排尿しようと感じた時にペニスが勃起するたびに痛みが走る人もいます。
痛さゆえにセックスもマスターベーションも苦痛になって、きちんと性処理が出来なくなる男性もいるほどです。
排尿に関しても困難をきたします。
排尿するたびに周辺に激しく飛び散らしたり、残尿が包皮の中に入り込んで不衛生になることもあります。
恥垢もたまりやすく、そのことで臭いを発し不潔な状態に陥ります。
なによりも温泉や銭湯に入ったときに、他の男性とペニスの形状や見た目が異なるので、それが本人にとってコンプレックスになることも多々あるんです。
特筆すべきは、自信喪失は恋愛やセックスにも顕著に表れ、夫婦関係を悪くしたり、子作りにも影響を及ぼしかねません。
陰茎がんのリスクも高いと言われてい下り、できれば包茎の人は手術をしっかり受けておく方がよいといえるのです。

包茎手術の実態について

包茎手術とは、ペニスにメスを入れたり糸で縫合するので非常に難しく、何日も入院を要するのではないかと思っている人も少なくありません。
昨今、医療技術は日々進歩しており、クリニックでもオペ室を持っている病院も多く、包茎手術の多くは、ほとんど1日の手術で完了してしまいます。
1日といっても何時間にも及ぶ手術ではありません。
包茎の程度にもよりますが、多くは三十分から一時間程度のオペで完了し、その日のうちに自宅に帰ることも可能です。
それゆえ多忙な人は、仕事帰りにクリニックに立ち寄ってオペを受けることだってできるわけです。
男性は特に包茎手術に際し、痛みがひどく激しいのではないかと心配する人も多いです。
包茎手術では局部もしくは全身麻酔をしてオペするので、ほとんど痛みを感じることはないので安心するとよいでしょう。
具体的にどのような手術であるかというと、亀頭直下埋没Vカット法では包皮と亀頭に癒着がある場合は癒着を剥離形成します。
切除縫合ラインが亀頭の直下ぎりぎりにくるよう微調整、余った包皮を切除します。
裏筋の包皮小帯と陰茎部をV字型に形成切除するのです。
そして傷が目立たないように縫合して完了します。

包茎手術で気を付けたい事とは

たった1日日帰りで、しかも三十分前後と簡単な手術なのだとホッとする人も多いです。
だが短時間であっても麻酔やメス、医療用針を使う手術であることには違いありません。
甘く見ずにしっかりとカウンセリングを受けることが大事です。
自分のペニスの状態を良く診断してもらい、本当に手術が必要な状態なのか、どんな手術でリスクや副作用はないのか、万が一腫れたり痛みが激しい時のアフターケアや保証制度などについてもしっかり医師から直接聞いておくことです。
わからないことは質問紙、自分が納得できてから手術に臨むことが何よりも大切なことなんです。
さらには包茎手術は、ペニスの形状やデザインも注意しないといけないんです。
それはセックスや共同浴場で人の目に触れる部分であるためです。
ペニスのデザインや、形状を3Dなどのモニター製図で見せてきちんと説明してくれるクリニックを選ぶことも大事でしょう。
術後の生活や気を付けなければならないことも良く説明を受けないといけません。
術後は型崩れしないために、激しい運動やオナニーにセックスは現金だと言われています。
痛み止めの処方などもきちんと受けるようにしておきましょう。

まとめ

包茎とはあまり女性には理解されていませんが、男性特有の生殖器のお悩みです。
セックスやマスターベーション、排尿などに関係があるので換価することはできません。
陰茎がんや性感染症のリスクを高めるのでできれば包茎手術を受けるべきだといえるんです。
包茎手術はどれくらい入院するのか、遺体はどの程度なのか心配の声が良く聞かれます。
実は手術が1日であり、ほとんどの包茎は30分から一時間程度のオペで完了します。
麻酔を使い、痛みをあまり感じることはありません。
だが簡単な手術と甘く見てはいけません。
手術におけるリスクや副作用などについてもカウンセリングでしっかり医師から説明を受けるべきです。