日帰り包茎手術の後に行う自宅でのケア

傷口への負担をかけず回復に専念する

包茎の症状で悩んでいる男性の中には、包茎手術を受けることで改善する事が可能です。
もちろん全ての症状が手術を行う必要があるかどうかというと異なりますが、包茎手術を受ける事を決断し手術を受けたのであればその後は自分自身でしっかりケアする事も大切です。
術後のケアのポイントとなるのは、傷口への負担をかけず回復に専念する事があげられます。
術後直ぐはパンツやズボンの擦れる刺激でも痛みが伴う事は多いので、1週間程度は刺激を与えないように極力安静にしている事が大切です。
包茎手術後はアルコールの接種は控えて、健康的な食事を心がけるという事もポイントになります。
日頃からスポーツなどを行っている人の場合は、過度な運動はせず傷口がふさがるまで安静にする事が重要です。
デリケートな部分だからこそ、無理はせずに健康的な食事をとり安静にしていることでより回復を早める事に繋がり普通の生活に戻る事が出来ます。

傷口を清潔に保ち過度な刺激に注意する

包茎手術後はまだ傷も塞がっていない状態なので、患部を極力刺激しない事が大切です。
お風呂などは入浴はせずにシャワーにし、包茎手術後3日間は患部が濡れないように注意する事がポイントになります。
クリニックから指定された日数がたてば、患部もシャワーで濡らしても大丈夫になるのでその期間は守る事が大切です。
入浴に関しては水圧による傷口への負担がかかってしまうので、平均すると包茎手術後2週間程度まで我慢するようにします。
男性の場合はマスターベーションや性行為をする人は多くいますが、手術後は最低でも3週間以上は行わないように注意する事が大切です。
我慢できないからと無理に行ってしまうと、傷口が開いたり化膿するなど様々なリスクが伴うので注意が必要となります。
手術後は過度な運動の他に自転車に乗るなど、陰部に刺激を与える行動は極力控えて安静にする事が大切です。
自己判断で大丈夫だろうと考えず、医師の指示に従い生活する事が一番早く回復近道となります。

まとめ

包茎手術自体は日帰りで治療を受ける事ができ、術後そのまま帰宅して自宅でケアする事になります、術後1週間程度は患部の違和感があったり痛みが残っている事も多いので、自分自身で注意しながら生活する人は多いです。
ただし日数か経つにつれて回復してくれば、痛みもなくなり治ったのでは考えてしまうこともあります。
術後の状態は繊細であり治ったと思っていてもまだまだ安静が必要な状態も多いので、自己判断せずに自分で行えるケアを守りつつ生活する事が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。