包茎手術で通院が必要になるケースとは

包茎手術の基本的な流れとは

包茎手術は男性向けの美容外科ではポピュラーな治療のひとつで、包茎に悩む多くの男性が手術を受けています。
一般的な包茎手術の流れですが、吸収糸を使用した場合は抜糸の必要がないので傷が治癒すればそのまま終了となります。

基本的に、クリニックで包茎手術を受ける場合は術後に問題がなければ通院して再受診をする必要がありません。
ただし、包茎手術の後に何らかのトラブルが生じた場合や吸収糸を使わなかった場合は、手術後に1回~数回受診をするために通院をしなければなりません。

ほとんどの方は普段の生活(通勤または通学)を続けながら包茎手術を受けることが可能ですが、通院をするのであれば予定を調整したり自宅または職場からアクセスしやすいクリニックを選ぶ必要があります。
そのため包茎手術そのものは日帰りであったとしても、治療を始める前に再受診(通院)の必要があるかないかをきちんと確認しておくことが大切です。

包茎手術の後に通院が必要になるケースとは

基本的に包茎手術の後は通院の必要がありませんが、状況によっては通院をしなければならないケースがあります。
手切除した部分の傷口を縫合する際に吸収糸ではなくて通常の手術糸を使用するのであれば、抜糸をするために少なくとも1回は再受診をしなければなりません。
抜糸の必要がない吸収糸を使用した場合でも、術後に痛みや痒みの症状が出たり感染症などで患部が腫れるようであれば、完全に治癒するまでに通院治療を受けることになります。

肥満気味の方や慢性的な持病をお持ちの男性であれば、手術後に患部が腫れたり痛み・痒みを感じることがあるようです。
術後の経過はケースバイケースなので、治療前に通院が不要と言われていても再受診が必要になることがあるので注意しましょう。
多くのクリニックではホームページは包茎手術で通院が不要であると記されていますが、状況によっては再受診が必要になることを知っておきましょう。
通院が必要かどうかは、治療を開始する前に主治医の先生に相談をしておくことが大切です。

まとめ

ほとんどの場合は包茎手術の後に通院は不要ですが、手術の方法や術後の状況によっては通院が必要になるケースがあります。
通院をするとクリニックに行く時間を確保したり追加の受診料・薬代がかかるので、スケジュールや治療費に余裕を持たせておくことが大切です。
仮にクリニックのホームページに包茎手術は通院不要と書かれてあったとしても、主治医の先生と話をして手術後に通院が必要かどうかを確認しておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。